トップページ

プリザーブドフラワーを使ったキットを利用してみよう

贈り物などに花は欠かせないものであるといえます。生花を贈るのも華やかでよいものですが、すぐに枯れてしまうなどの点できらわれることもあります。ドライフラワーや造花では味気ないと感じるとき、生花のみずみずしさを保ちながら長く楽しむことができるプリザーブドフラワーは重宝します。扱いが生花よりも楽ですし、アレンジをして送ることができるということからギフトにも好まれる素材となっています。すでにプリザーブドフラワーとして出来上がっているものを自分でアレンジして様々なグッズに仕立てるのも人気があります。そのために作り方と必要な素材が詰め合わせとなったキットも販売されているので、とりあえず自分で作ってみたいと思う方はこうしたものから始めるとよいでしょう。花として楽しむためのアレンジメントから、フォトフレームなど実用的なアイテムに仕上げることができるキットなどもあります。ギフトだけではなく自分のお気に入りアイテムとしても良いです。

プリザーブドフラワーキットは、アレンジメントが楽しめます

プリザーブドフラワーは、特殊な液に生花や葉を浸して、水分を抜いた後、保存液に浸し乾燥させたものを、染料で染めて作られる花です。花の質感は、生花と見違えるほどで、鮮やかな色とフレッシュ感が魅力です。生花に近い雰囲気がありながら、枯れる事がないため、贈り物としても人気です。花粉が出ないので、アレルギーの心配がなく、いろいろな場面での贈り物に利用できます。プリザーブドフラワーは、専門の人がアレンジメントしたものを購入するほかに、家庭などでアレンジメントができる「手作りキット」があります。手作りキットには、必要な花材や花器が、セットになり販売されているため、花材やワイヤーを切るためのハサミやカッター・花を固定するための接着剤を用意すると、手軽にプリザーブドフラワーアレンジメントを楽しむ事ができます。手作りキットで作ったアレンジメントは、個人で楽しむほか、仲間内で行うイベントや、手作りの心がこもった贈り物として利用されています。

check

2017/3/2 更新