材料と特徴

プリザーブドフラワーの材料や特徴

誕生日のプレゼントやお祝いの席でプレゼントとして人気となっているプリザーブドフラワーは見た目の華やかさだけではなく花粉を気にせず贈る事が出来たり水を与える手間がなく長期間見て楽しむ事が出来るといった魅力があります。プリザーブドフラワーは材料に新鮮な生花を脱水する事が出来る脱色液を使用する事で綺麗な状態のままで贈る事が可能となっています。また、使用する事の出来る花に際限がない事や生花と組み合わせる事も出来たりとオリジナリティを出す事が出来る事で世界に一つだけのデザインとなったプレゼントにする事が出来る事も人気の理由となっています。プレゼント以外では結婚式のウェディングブーケとして使用されたり手間が必要にならない事からイベントで使用される事も多くなっています。完成品を購入する事が出来るだけではなく予算や贈りたい相手の好みに合わせて自由にオーダーメイドする事が出来る事も魅力の一つとなっています。

プリザーブドフラワーを材料に

プリザーブドフラワーは、本物の生花や葉の部分を特殊な加工することによって作られる花です。脱水作用がある脱水液に花や葉を浸けてから潤滑液入りの着色液につけ、最後に乾燥して作られるもので、生花のような見た目でありながら長期的に保管することが可能になります。着色液に浸ける時に好きな色を新たに入れることもでき、その花にはない色を出すこともできます。また、水やりの必要がないことから手間もかからず、贈り物としても喜ばれる商品です。プリザーブドフラワーは加工した状態でも材料として販売されており、生花のように好きな組み合わせで購入して自分でアレンジメントを作ることも可能です。花束の状態に作っても、水をあげる必要がないのでそのまま棚の上に置いたり水を入れない花瓶に差すだけでも構いません。額縁まわりなど小物にも手作りとして飾ることができますが、非常にデリケートな素材なのでぶつかることによって壊れやすいのでガラスケースに入れられる商品にされることも多いものです。

recommend

最終更新日:2017/3/2